記事一覧

伊奈中華街みちみち【みちみち伊奈北】

先日ひまわりユニットで中華まん作りが行われました。
当初は肉まんとあんまんの予定だったそうですが
あれよあれよと入居者様の話を聞いていった結果
4種の中華まんを作る事になったのだそうΣ(・ω・ノ)ノ!
その具材が
肉まん、あんまん、カレーまん、ピザまんです(`・ω・´)

正直どの様な事になるのか不安と期待が混ざり合った気持ちで
当日を迎えたのですが・・・・
皆様、とってもお上手で!!
見事な中華まんが出来ていくのは圧巻でした。
また、突然訪問した施設長まで餡包みをして下さり
大変助かったようでしたヾ(*´∀`*)ノ

さらにこの皮、何と以前紹介した魔法の粉・・・
ホットケーキミックスを使って作っているのですが
いつもの如く筆者も食べさせて頂き・・・(遠慮を覚えない)
全て美味で驚きました( *´艸`)
個人的にはカレーまんが1番美味しいと思ったのですが
果たして入居者様は・・・??

カレーまん堂々の1位でした(@ ̄□ ̄@)!!

オーソドックスな物がウケると思ったのですが
カレーの魅力に皆様参ってしまったようですね(ノ▽`)アイター
そんな施設長まで参戦した今回の調理レクをゆっくりご覧下さい。
(画像では3種と書いてありますが間違いです。申し訳ありませんm(_ _)m)


ファイル 107-1.jpg

◯まんまるお月様の日に食べる物◯【みちみち伊奈北】

少しブログに挙げるのが遅くなってしまいましたが
いくつかのユニットで十五夜という事で
色々な団子を作り季節感を味わいながら楽しんだようです♪

十五夜に欠かせない物は
団子、ススキ、うさぎ・・・??
という事でひまわりユニットでは
うさぎカチューシャを付けて記念写真までΣ(・ω・ノ)ノ!
また秋の味覚かぼちゃを使用した団子も作成したようです。

うめ、あやめユニットでは
豆腐と白玉粉を使ったヘルシー団子に
きなこ、みたらし、あんこの3種類の味を用意し
色々な味を楽しめるよう趣向を凝らしたようです。

作っている時は真剣そのものなのですが
食べている時は満面の笑みを頂ける
料理レクリエーションの良い所ですよね

それでは各ユニットの皆様の様子をご覧ください


ファイル 106-1.jpg

㊗白寿㊗【みちみち伊奈北】

先日、うめあやめユニットにて白寿の方の誕生日会がありました♪
白寿というのは祝い年のひとつであり99歳という事になります。
数え年ですと既に100歳という計算になるのですが
当施設では満年齢で行っておりますので、そこはご了承を・・・m(_ _)m

様々な祝い年がありますが
77歳喜寿は「喜」という字の崩し字から
80歳傘寿は「傘」という字の崩し字から
88歳米寿は「米」という字から
90歳卒寿は「卒」という字の崩し字「卆」から
それぞれ漢字の見方から来ています(`・ω・´)

白寿だけは少し違いまして・・・
「百」の数から「一」を引いて「白」になるからという
ちょっと洒落た事になっておりますΣ(・ω・ノ)ノ!

話題はそれましたがユニットではホットケーキに
デコレーションをしてケーキ風にアレンジした物で
皆様お祝いをしたようです。
全て入居者様の手が掛かっているものとなっており
出来栄えも上々⇑⇑

それではその時の様子をご覧ください。


ファイル 104-1.jpg

実は中華より日本寄り【みちみち伊奈北】

先日はさくらユニットにて
半年前に行い盛況だった餃子PARTYを
行ったようです。

この焼き餃子ですが中華料理のイメージが強いですが
実際に中国で食べられているか?というと
あまり食べられていないという話がありますΣ(・ω・ノ)ノ!

実は中国では水餃子が多く食べられており
何より主食として食べている為
「餃子定食」なんてもっての外!なのだそう・・・

餃子に米は最高の組み合わせだと思うんですけどね(´・ω・`)
関西と関東で言う、お好み焼き定食と同じ感覚なんでしょうね

そんな焼き餃子は日本では大人気の食べ物。
世界でも「日本の餃子」として冷凍食品等が取り上げられています。

うんちくはここまで(;´・ω・)
それでは100均アイテムで頑張って作っている様子や
食べている様子をご覧いただければと思います。


ファイル 93-1.jpg

秋からの季節はこの果物♡【みちみち伊奈北】

先日ふじユニットでは秋を感じる果物を使って
おやつレクが行われておりました。
PPAPならぬAPPIです。

APPLE(アップル) PI(パイ)

・・・・(´・ω・`)

無理がありました<(_ _)>
しかしながら
リンゴが赤くなると医者が青くなる
外国ではそんなことわざがあるぐらいの優れもの!!
調べてみたところ、高血圧予防等に良いのだそうです。

皮むきから入居者様と行い、煮る工程や
パイに包んだり形成する工程もほぼ入居者様が
やってくださいました。
焼く作業のみ職員で対応しレンジで焼いた後に
焦げ目をつける為、トースターで軽く焼くこだわりようΣ(・ω・ノ)ノ!

しかし完成した物を見ると
どこか心温まるアップルパイとなっていました。
いつもの如く、筆者も味見・・・
これがまた美味しく出来ており
皆様の食べるスピードに納得です。

そんな作る工程から食べている様子までをご覧下さい。


ファイル 94-1.jpg

ページ移動